ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Bulletin Board


コミュニケーションツールはいくらあってもかまわないと思う、その使用目的さえはっきりしていれば。そんなことを普通に考えたニュース。

社内でブログをどのように活用するか、というテーマの記事がITMediaに掲載されていました。筆者も以前、社内広報におけるブログの機能について少し触れたことがありますが、面白いテーマであり、個人的にもいろいろと考えてみたい分野です。

社内広報のツールとしてのブログは、グループウェアとメールの中間に位置するようなポジショニングでしょう、きっと。業務管理ツールとして「1対多」のコミュニケーション利用ができ、感覚的にはグループウェアよりもパーソナルなメディア、という意味において。

記事には営業日誌的にブログを使用している事例や海外オフィスとの写真共有のシステムとして、ブログを活用している事例が紹介されていました。営業日誌は一般的ですが、画像のアップロードと共有をブログを通じて行うというのは非常によい発想ですね。


RSSによるプッシュ型の配信機能や、コメントやトラックバックによる双方向性、集合知としてのナレッジマネージメント的な機能、(画像データの場合など)サーバーにデータをアップロードしておけばいいので、データのトラフィックを抑えることができる点など、ブログは新しい社内報を考える上でいろんな意味で魅力的ですね。

そこで少し考えてみました。

・ふつーに社員向けの「社長ブログ」「社内報ブログ」「業務報告ブログ」
・特定の課題快活などを目的とする「目安箱ブログ」
・現場と本社を結ぶ「社内報ブログ」
・ケーススタディなどをシェアする「ベストプラクティスブログ」
・当番制による「社内勉強会ブログ」
・プライベートな側面を半強制的に紹介しあう「オフなブログ」
・アフェリエイト要素を取り込んだ「紹介ブログ」

いくらでも思いつきますね。

ただし、注意したいのは社内ブログを書くときのルール作りでしょう。間違っても匿名可、にしてしまっては、炎上しかねませんからね。

本日のニュースはITMediaでどうぞ。
スポンサーサイト

テーマ:広報という仕事 - ジャンル:ビジネス



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 広報の視点, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。