ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


41E4WCtnjlL__SS400_.jpg

昨日「YouTube時代の大統領選挙」出版記念イベントにご招待いただき、さらに本までいただきました。

この表紙のデザイン、青の部分のみ読むと、「You 時代の 選挙」となり、グッとくるメッセージが込められています(イベント中このことの説明が東急エージェンシーさんからありましたが、筆者は一応その前に気がついて、数年前のTimeのperson of the yearだな、とニヤニヤしていました)。

まだほとんど読めていないのですが、昨日のイベントが、この本の中身のクイックツアーのような意味合いも兼ねていると思うので、イベント中のメモを中心に文書化してご紹介(順序は進行と異なります)。

・バラク・フセイン・オバマは、考えられないようなファクターのコンビネーションの持ち主でプロダクトが良すぎだが、そのEngagementを生む行動やブランディングはマーケターとして参考になる所が多い。

・ヒラリーは自分の政策を愛しているとコミュニケーションしていたが、オバマは人々を愛している、と語った。このことは人種をはじめとする様々な環境別に23ものチャネルに分けて展開している"PEOPLE"にも現れている。

・オバマは、130万の登録されたメールアドレスに対して直接的な対話を行っている。支援者に向けてパワーポイントを送信し、ビデオで公式な戦略説明。また支援者との昼食会では「皆さんの口コミが重要」と伝えたりしている。

・逆境になると強くなるのがオバマ。いわゆるライト牧師発言で炎上状態になりそうになったときなど、問題に対して正面から対話を行う姿勢が米国では支持された。

・「政治献金」もまたEngagementを生む。献金は投資であり良いROIを得るため人々は強力にEngageする。実際にペイリンのオバマ批判の演説後、オバマには1日で8億円を超える献金があった。

・オバマは私たちが夢だと思っていたことを実現してしまった。米国民はそれに出逢ってしまった。

・就任演説の前に支援者に直接送られたメール。 I want to be very clear about one thing...All of this happened because of you.

・Twitterの隆盛に見られるソーシャルメディアの発達により、もはやマジョリティはサイレントではなくなったし、マジョリティと呼ばれること自体好まない。今やマジョリティは、行動しない人→見物→参加→収集→批評→クリエイティブのいろいろな顔を持っている。

・有名なYoutube動画"Yes We Can"や"Vote Different"は、オバマと言うブランドにinspireされて作られたもの。プラットフォームから考えるのではなく、コンシューマを"inspire"し、参加を促すコンテンツを生み出す発想がマーケターにとって重要。

・・・こうした出来事700日間を克明につづった著者の大柴ひさみさんは、とてもさっぱりした清々しい方でした。
スポンサーサイト

テーマ:広報という仕事 - ジャンル:ビジネス





書籍とセッションのご紹介ありがとうございます。このエントリは先月日本に滞在中に拝見して、なぜかお礼のコメントを書いておりませんでした。スイマセン。改めて、御礼申し上げます。ありがとうございます。また簡潔にまとめていただき、嬉しく思っています。9月3日にはad:tech tokyoのパネリストとしてのまた日本に行きます。またお目にかかれたら、楽しいですね。今後ともよろしくお願いします。大柴ひさみ
【2009/08/13 09:08】 URL | 大柴ひさみ #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 広報の視点, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。