ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


life stream


「オンとオフがシームレスに繋がり始めた」

今日読んでいたTwitterで何が起きているのか?というはてぶのブックマークニュースの印象的なフレーズ。

それがゆえに、情報のリークやオンラインコミュニケーションのリテラシーをケアする必要性も高まっているのですが(ご参考:Twitter上でのリーク対応)、情報発信/共有の形態がTwitterの登場によって大きく変わり始めたのも事実。

PR系ブロガーの先駆者的存在である、独立系PR会社最大手エデルマンのSVPのSteve Ruvel氏がつい最近これまで5年間続けたBlogというプラットフォームを離れることになったそうです。

新しく選んだのはposterousというメールを通じて投稿するサービス。

同氏は、Twitter登場時、呟き系の内容やちょっとした情報のシェアはTwitterで、エッセイ的な読み物やリンク集はブログにと、コンテンツの内容に応じてかき分けていたのですが、posterousによって情報のフローを一貫して管理できるようになったようです(上図)。(注:Twitterは継続して呟き中心に利用)
ポイントを非常に簡単にまとめてしまうと、

"Capture":情報収集をFriendFeedやGoogle Readerで行い、テキストや写真などのコンテンツはiphoneなどで作成

"Process":Gmailなどを通じてコンテンツを投稿

"Share and Connect":Posterousに投稿されたコンテンツがTwitterなどでシェアされる

オンとオフをシームレスに、情報のインとアウトを行う人にとっては、このスタイルは非常によさそうな感じです。

ブログ引っ越し後に寄せられた質問などをベースに作られたFAQがまた興味深い内容です。

Q) Do you think blogging is dead?
No, I don't. However, the blog format needs a reboot.

For one, people don't have time to read as much as they used to. There's too much competing for our attention. This means you need to be creative to stand out. (This post is already longer and less visual than I would like it to be.)

Second, blogs must connect to social network hubs. Posterous lets me do so in a number of ways through auto-posting, but also by letting you send your comments into Facebook, Twitter, Backtype and Friendfeed.

筆者も研究したいと思います、単にワンストップで済ませたいだけですが。。。
スポンサーサイト

テーマ:広報という仕事 - ジャンル:ビジネス




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 広報の視点, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。