ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Shaq_20090626091011.jpg

社員が自分の勤める会社の新しい方針の決定、特にM&Aなどのニュースを初めて知るのが、社内発表ではなく、新聞などのメディア掲載を通じて、ということはままあること。

アメリカ・プロバスケット・リーグのスーパースター、シャキール・オニール選手がフェニックス・サンズからクリーブランド・カバリアーズにトレードされたというビッグ・ニュースを知ったのはTwitterだったそうです。

Twitterの影響力の大きさを物語っているケースであると同時に、これだけTwitterが普及してくると、このような事故が発生してもおかしくないところ。

確かに「Twitterポリシー」はあってもいいのかもしれませんね。

ただこのニュース、TechCrunchからの引用ですが、原文のコメント欄を見ると、いろいろと詳細が、、、

Shaq2.jpg

契約が最終合意に達したと思われるや(オフィシャルになる前に)チームが担当記者にリークした模様。

Shaq4.jpg

シャキール・オニール選手は交渉の行方は知っていたが、エージェントからオフィシャルに聞くまでは話すべきでなないので、このようにふるまったのだろう、、、

うーん、どうやらシャキール・オニール選手はうまくTwitter上のコミュニケーションを処理した、と言えるのかもしれないですね。

こういったリークへの対応も「Twitterポリシー」には盛り込まないとですね。

ちなみに、こんなコメントも。
Shaq3.jpg
ESPNでは、選手のTweetを番組内で結構取り上げているらしいです。
Twitterを利用したセレブ追っかけ番組が企画される程ですし、なるほど、という感じです。

それにしても最近Twitterのことばかり書いているなぁ、、、
スポンサーサイト

テーマ:広報という仕事 - ジャンル:ビジネス




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 広報の視点, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。