ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


asahi_paper.jpg

新聞メディアは、ネットにおされて発行部数が下がり、広告収入が下がり、もうダメだ的な論調の多い今日この頃、電子化(ご参考:新聞メディア4通りの進化論)とは異なる方法も模索しているようです。

お借りしてきた写真は、6月23日の朝日新聞夕刊(左、東京本社4版)と読売新聞夕刊(右、東京本社4版)。朝日の方が「白い」のが一目瞭然で、ビールもおいしそうに見えます。

これは、FMプレミアム紙と呼ばれる特別な用紙を使った広告で、この日の夕刊には、一番「外側」の紙、つまり1~2面、最終面の20面(テレビ欄)と19面(第1社会面)にFMプレミアム紙が使われていたとのこと。

朝日新聞によると、「掲載料金などはお答えできません」としつつも、「新聞業界では朝日新聞社が初めて導入し、鮮やかな色彩、リアルな表現力を持つ紙面が実現しました」 とのことです。

もちろんこれが、広告収入減少に対する決定打になるとは思いませんが、「新聞=再生紙によるグレーな紙」という既成概念を変える、新しい発想で広告媒体としての魅力をアピールする努力は、改善の方向としてとてもいいな、と思います。

ちなみに、08年の新聞広告費(電通調べ)は8276億円で、前年比で12.5%の減。「マスコミ4媒体(新聞、テレビ、ラジオ、雑誌)広告費」の下げ幅が同7.6%なので、中でも新聞広告は苦しい状況にあるこようです。

本日のニュースは、J-CASTニュースでどうぞ。
スポンサーサイト

テーマ:広報という仕事 - ジャンル:ビジネス




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 広報の視点, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。