ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


MAC

先日のエントリで筆者もVistaの話題を取り上げましたが、この話題にアップルがが切れ味のよいカウンターを仕掛けている。

「こんにちはマックです、PCです」でおなじみのMacのテレビCMシリーズは日本でもかなり認知されており、筆者も楽しく見ている。そのシリーズCMの新バージョンがUSで開始されたらしい。

そのうちのひとつでは、Vistaにアップグレードするための大手術をしに行くPCが非常にナーバスになっている、という内容のもので、これまた皮肉たっぷりで面白い。このCMシリーズのメッセージを支えているのはコントラスト、である。


白バックの背景に、ファッショナブルなMacとドンくさい感じのPCというコントラスト、自由にクリエイティブなことを可能にするMacと何かと足かせのあるPC、という具合に描き分けている。

もちろんMacの作るCMなので、セキュリティ的に安全なのはシェアが低くターゲットにされにくいから、というような前提条件は一切省いて利点のみが強調されており、広報的にはいただけない部分もありますが。

それにしても、マイクロソフトの一大イベントであるVista発売時を逆に利用し、このような形でカウンターを仕掛けてMacへの買い替えを誘う。アップルのしたたかで鮮やかなコミュニケーション能力の高さには脱帽ですね。

今日のニュースの詳細は、ITmediaで。
スポンサーサイト

テーマ:広報という仕事 - ジャンル:ビジネス



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 広報の視点, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。