ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Asahi.jpg


予想通りといえば予想通りなのですが、朝日新聞社編集局の社員による社内のPCからの「2ちゃんねる」への不適切な内容の書き込みに関するニュースが「朝日以外の」メディアでトップを飾る勢いで報じている中、当のAsahi.comでは、これといった対応がなされていません。

記事は書かれているものの、深~い場所におかれています。

現在位置:asahi.com>ニュース>社会>その他・話題>記事

アサヒる」なんていう流行語をネット上で作ってしまった経験を踏まえて、トップの分かりやすい位置に「弊社社員による不適切な掲示板への書き込みについて」というような一文と共に該当記事(もしくは謝罪文)へのリンクを張るというような対応はできないものかな、と。

メディアは社会のリスクを糾弾するのが仕事のひとつですが、自社のリスク対応は常に後手に回ります。そのことが今回も出てしまった形です。

皮肉なことに、よく読まれている記事のトップなので発見しやすいかもしれませんが(画像参照)、、、

本日のニュースはITMediaでどうぞ。
スポンサーサイト

テーマ:広報という仕事 - ジャンル:ビジネス




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 広報の視点, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。