ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


DS_20090312082618.jpg

ちょっと前のニュースですが、

「バイクで脳トレ」川島教授が世界初の研究結果報告

という記事が出ていました。この見出しには、広報的に必要とされる要素が詰まっていますね(詰め込みすですが、、、)。

「バイクに乗ると若く見える」「バイクに乗ったら若返った」というような声を聞くが、これを科学的に検証したい、というヤマハの要望が発端で、「バイク運転で脳が働くか?」を検証する実験が行われ、その研究報告がマスコミ向けに行われました。

実験には、「脳トレ」で有名な川島教授(バイク好きとして有名とのこと)の協力を得ることでメジャー感と信頼性を確保し、「世界初」となる自動二輪での実証実験と銘打ち、掲載確率を高めています。

研究結果報告の最後が「自動二輪を生活のなかで使うことによって、脳と心にポジティブな影響を与えることができると考えられます(川島教授)」と締めくくられたように、シニア世代が増える中、余暇としてバイクを楽しんでもらうためのきっかけ作りにしたい、というヤマハの情報戦略が見て取れます。
二輪のセールスマンもこういうコメントがあると使いやすいですよね。

実験協力にシニア系のタレントを起用すれば、テレビでも色々取り上げられたかもしれないですね。

本日のニュースは、Responceで、どうぞ。
スポンサーサイト

テーマ:広報という仕事 - ジャンル:ビジネス




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 広報の視点, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。