ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


shampoo.jpg

ヤフーバリューインサイトが、「男性の美容」に関する調査を実施したのですが、ちょっと面白い結果だったのでご紹介。

ヘアケアにも気を遣っている男性(男性全体の25%)が普段どんなシャンプーを使っているのか、という質問に対し、「ツバキ(TSUBAKI)/白ツバキ」が2位、「パンテーン(PANTENE)」が4位、「モッズ・ヘア(mod's hair)」がランク外から5位という結果。逆に「サクセス(SUCCESS)」が2位から3位、「メリット」が3位からランク外へと男性向けブランドがランクを下げたようです。

また、それらシャンプー購入時、約6割が「女性向けの商品」と理解して購入し、約65%が「購入するときに照れくささはなかった」と回答。

面白い結果ですね。

同調査では男性向けシャンプーは「充実していない」と4割が回答したことを受け、「ヘアケアを意識する男性ならではのニーズを満たす『男性用高級シャンプー』の商品開発が待たれる」としていますが、実は違う発想をすべきなのかな、と思いました。

この結果は多くの女性に支持されているものを男性も信頼して購入する、ということを示しているのであり、「男性向け商品」が必要、という結論がちょっと盲目的なのかな、と。むしろ「髪に良い」ことに敏感な男性層を効率的に捉えていくヒントであると思いました。もちろんメインターゲットを女性にすえた従来どおりのコミュニケーションを継続し、ブランドイメージを守る必要はありますが。

本日のニュースはITMediaでどうぞ。
スポンサーサイト

テーマ:広報という仕事 - ジャンル:ビジネス




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 広報の視点, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。