FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
FF.jpg

「プレゼントパブ」といえば、PR初級コースの鉄板のような活動で、いわゆる雑誌の最後のほうにあるの情報枠やパブ枠と呼ばれるページに、読者プレゼントを提供することで伝えたい情報を掲載してもらう手法。

今日、はてブをみていたら「Firefoxノベルティセット欲しい!」というキャンペーンをやっていて、筆者が見た時点では500以上のブックマークがついていました。

何かと思ってよく見ると、「応募方法はかんたん。このキャンペーンページを自分のブックマークに追加するだけで応募完了です。」との説明の下に、

「ブックマークに追加してキャンペーンに応募する!」

というリンクが張られていました。

雑誌だと最後のほうに押しやられてしまうプレパブですが、はてブのこの仕組みを使うと、応募者数=ブックマーク数なので、「プレゼントへの応募であれば、ブックマークもしたくなる」 -> 「上位にランクされる」 -> 「クチコミが広がる」 -> 「繰り返し」、という仕組みに自動的になっています。

これって以前からやっていたのですかね?なんともCGM的なソリューションで目からウロコでした。

企業ではノベルティを販促としてよく作るので、こういう活用の仕方はアリですね(ご参考:喜ばれるノベルティ選びの5か条)。

キャンペーンページはこちらからどうぞ。
スポンサーサイト




テーマ:広報という仕事 - ジャンル:ビジネス




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2021 広報の視点, All rights reserved.