ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Souken.jpg

昨日お招き頂き、博報堂生活総合研究所の講演会に参加しました。

テーマは「第三の安心 - 社会を修復する生活者」ということで、バブル崩壊から現在までの社会的なできごとと、消費者マインドを比較して現在の消費者の新しいトレンドを定義する、というものでした。

詳細については開示されているレポートに譲りますが、講演会を通じて受け取った一番の大きなメッセージは、

「B2CからC2Bへ」

ということでした。そしてこの「C2B」におけるCとは、

「Citizen」

の意味合いが強い、ということです。

下図にあるように、社会不安が、世界規模、地球規模で広がっている現在、消費者(Consumer)は一人ひとりの市民(Citizen)として行動を起こしている、そのムーブメントを拡大、加速する受け皿を企業が用意することで、新しいWin-Winの関係「C2B」が生まれる、というものです。

Anshin.jpg

具体例の一つとして挙げられていたのが、簡易包装商品の購入を呼びかける「減装(へらそう)実験2008」という活動。これは、神戸大学学生らによるNPO法人「ごみじゃぱん」(Citizen)の活動に、メーカー7社と、大手スーパー2社(Business)が賛同、協力したもの。

3ヶ月の実証実験の結果は、期間中に売れた減装商品は16万6843点、通常商品がごみになった場合と比べ、ごみ自体で1.18トン、二酸化炭素に換算すると2.03トンの削減ができたそうです。

一昨日、環境問題や国民一人ひとりに変革を訴えたオバマ大統領就任演説の話題をエントリしましたが、共時性ともいうべき世界レベルでのうねりを感じますね。

C2Bという視点、企業のマーケティング、コミュニケーションにおいて参考になると思います。
スポンサーサイト

テーマ:広報という仕事 - ジャンル:ビジネス




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 広報の視点, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。