ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


whitehouse.jpg

色々と気になるニュースはありますが、今日はやっぱりこの話題でしょうか。

黒人初の米大統領に選出された民主党のバラク・オバマ前上院議員が20日、約200万人の聴衆を前に、宣誓を行い、第44代大統領に就任しました。就任演説の内容や、名言については広報的にも気になるところ。色々な報道を見ていると、よく取り上げられているキーフレーズは、「新たな責任の時代」のようです。

「今求められているのは新たな責任の時代だ。一人ひとりの米国人が、我々は自分たち自身と、我が国、そして世界に対する責任があるのだと認識しなければならない(Asahi.com)」

かつてのリンカーン大統領のように列車でワシントン入りし、宣誓に使う聖書もリンカーンが就任宣誓で使用した遺品を用いるなど、徹底的に過去の偉大なリーダーと自分自身を重ね合わせることで、「新しいが普遍的な価値や存在感」を演出し、安心感や信頼感を生み出すとにこだわっていたように思います。

さて、新たな装いでスタートを切ったのは彼を支えたメンバーにも言えることで、政権移行サイト「Change.gov」も、米政府公式サイト"WhiteHouse.gov"に移行。新たに、ホワイトハウスのブログも登場しました。

"Change has come to WhiteHouse.gov"というエントリでは、サイトの運営方針についての所信表明が記されており、コミュニケーション(Communication)、透明性(Transparency)、参加(Participation)の3つを掲げています。

特に、Participationにおいては、緊急性のない法律については大統領が署名する前に、政府サイトで5日間公開し国民のコメントを受け付けつけることを表明し、最後をこう締めくくっています。

Like the transition website and the campaign's before that, this online community will continue to be a work in progress as we develop new features and content for you. So thanks in advance for your patience and for your feedback.

「サイトはWhiteHouse.govに移行したけれども、コミュニティとしてはこれまで通り参加者のフィードバックによって今後も発展していく」というソーシャルメディアとしての根本が変わらないことを約束しています。

本日のニュースは、ITMediaでどうぞ。

追記:NYタイムスのスピーチ動画は本当にすばらしいです。
スポンサーサイト

テーマ:広報という仕事 - ジャンル:ビジネス




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 広報の視点, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。