ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Sharp.jpg


なんだか久々に楽しくなる開発ストーリーを読みました。

今年の冬商戦向けにシャープから出されたドコモ初となる8メガCCD搭載のSH-01A、SH-03Aは、「名誉挽回」を誓った本気のデジカメケータイ、なのだそうです。

今から約1年前に発売開始したGSM対応のSH905iを海外ロケにいく中川翔子さんが購入。購入直後にSH905iのカメラ画質について。「これではブログ更新に使えない」と嘆き、早々にSH905iを手放したという逸話があるからだそうです。

当然このしょこたんのブログは、ソーシャルメディアで知れ渡ることになり、「SH905iの画質は悪い」という評価が広まってしまった。

詳細は石川 温氏の元記事に譲りますが、シャープでは、SH904iまで撮像素子にCCDを用いていたを、SH905iからCMOSに切り替えたために、屋内撮影時(暗いところ)の画質が悪くなってしまったのです。

そこで名誉挽回、となるのですがコレがまさしく、「サービスが感動に変わる瞬間」なのです。

・撮像素子をCCDに戻す
・ブログに掲載には、3メガ程度で十分なところを8メガに
・画像処理エンジンを搭載し、最新デジカメに匹敵する画像処理を実現
・CCD搭載によって、手ブレや被写体ブレを軽減しての撮影が可能
・ISO2500相当で夜やカラオケボックスなどでも問題なく撮影が可能
・笑顔検出シャッターや振り向きシャッターなど本格デジカメに匹敵する機能を搭載

などなど、コレでもか、といわんばかりにカメラ性能が向上しています。

確かに石川 温氏がいうように「ぜひとも“しょこたん”に使ってもらいたい」と筆者も思いますし、しょこたんにサンプリング、いや贈呈して宣伝隊長を勤めてもらいたいですね。

シャープのマーコム担当の皆さん、是非ともこの開発ストーリーをフルに活用すべく頑張ってください。

本日のニュースは、nikkei TRENDY netでどうぞ。
スポンサーサイト

テーマ:広報という仕事 - ジャンル:ビジネス




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 広報の視点, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。