ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


l_si_shimakeitai-29.jpg

先日のエントリ「漫画の枠を超えた社長の広報戦略」でもご紹介した、週刊漫画誌「モーニング」で連載中の『社長 島耕作』のマーコム戦略に新展開がありました。

KDDIから「島耕作ケータイ」が登場したのです。

“Panasonic”ロゴの代わりに社名「HATSUSHIBA」ロゴを刻んだ特別仕様で、“初芝五洋ホールディングス”の社章がついてきます。

社長就任会見、新社名募集に続き、今回もしっかりとパブリシティ活動を行っており、お披露目会見には、小倉優子さんが参加。スポーツ紙などでの掲載(テレビもやってるのかな?)に加え、本人のブログにもアップされています。

基本は男性ユーザー向けのこの携帯、実際に社長気分が味わえるでしょうし、最近話題のドコモの「iコンシェル」のような機能が加われば、美人秘書コンシェル、なんてのも実現して盛り上がりそうですね。

会見では「2009年春にブランド統合して新しい(初芝五洋ホールディングスの)ブランドができるので、そこから新しいプロダクトが生まれればと思っている。期待してほしい」という、漫画の今後の展開のティーザーを思わせるような発言もあったようです。

もともと初芝電器産業は作者である弘兼憲史氏が漫画家デビューする前に勤めていた松下電器産業(現:パナソニック)がモデルになっているそうで、他にも漫画とリアルのコラボが誕生しそうな感じですね。

本日のニュースはITMediaでどうぞ。
スポンサーサイト

テーマ:広報という仕事 - ジャンル:ビジネス




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 広報の視点, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。