ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


NHK_20081114082308.jpg

来月1日から開始されるNHKのオンデマンドサービス。その料金が発表されました。
基本サービスは、「見逃し番組」サービスと「特選ライブラリー」の2種で、番組の中心価格は315円(税込み)。

ちょっとそのメニューをかいつまんで列挙してみるとこんな感じです。

【見逃し番組サービス】
見逃した番組を放送後およそ1週間後まで見ることができる。

◇315円(税込み)の番組
 「プロフェッショナル 仕事の流儀」
 「その時 歴史が動いた」 など
◇210円(税込み)の番組
 「経済最前線」
 「きょうの料理」 など
◇105円(税込み)の番組
 「連続テレビ小説 だんだん」(15分)
 「時論公論」(10分) など

「見逃し見放題パック」というメニューもあり、「見逃し番組」すべての番組を見放題のパック。

ポイントなのが、「おはよう日本」や「ニュース7」などのニュース番組は、「見逃し見放題パック」でしかみられない、ということ。

ニュース報道のモニターが必要なPR会社やモニター会社にとって、「見逃し見放題パック」の加入は必須かもですね。

もうひとつのカテゴリが「特選ライブラリー」です。

【特選ライブラリー】
「NHK特集」や「NHKスペシャル」など過去のNHKの力作130番組、1,200本を視聴可能。ただし、購入後72時間以内で、見放題ではないようです。 

◇315円(税込み)の番組
 「大河ドラマ」
 「プロジェクトX 挑戦者たち」 など
◇210円(税込み)の番組
 「新日本紀行」 など
◇105円(税込み)の番組
 「みんなのうた」 など

「特選ライブラリー」にも次のようなパック販売があるようです。
・連続テレビ小説 「おしん」1週間6本パック 525円(税込み)
・NHK特集「シルクロード-絲綢の道-」第1~第6集パック 1,575円(税込み) など

詳しくは、NHKオンデマンドBLOGでどうぞ。
スポンサーサイト

テーマ:広報という仕事 - ジャンル:ビジネス




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 広報の視点, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。