ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


img3_20070127_23351892_1_l.jpg

てんぷら油仕様のランドクルーザーがパリ・ダカールラリー(パリダカ)の完走を達成たらしい。しかもドライバーを務めたのは片山右京さんで、大阪産業大学などが協力をしたとのこと。

そもそもてんぷら油で車が走るなんて想像もつきませんでしたが、バイオエタノールなどが注目を集め、とうもろこしの価格などが上昇しているということを考えれば納得のいく話かな、とも思った。それにしても、こうした取り組みがなされていることは、もっと世に知らされるべきことだと思う。

ちなみにこのニュースは大手メディアでは今日1月28日の時点では、取り上げられていない

企業の広報において、CSRは単なるイメージアップを目的として行なった場合にはあまり効果を発揮しないということはよく言われる。ただし、今回のニュースであれば、例えば食品メーカーなども大きく声を発することで効果を得られる内容だと思う。今後、参戦車の凱旋や、てんぷら油車の試乗体験イベントなどを通じて積極的にPRを展開して欲しいな、と。

ちなみに、今年のパリダカの参戦車両の189台(四輪)中109台が完走。てんぷら油のランクルは(暫定)68位だったとのこと。市販車改造ディーゼルカークラスでは19位だったそうです。

今日のニュースは、カービューでどうぞ。
スポンサーサイト

テーマ:広報という仕事 - ジャンル:ビジネス



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 広報の視点, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。