FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
shima.jpg

先日のエントリ「メディアでの掲載を確保する工夫 + α」でも取り上げた、週刊漫画誌「モーニング」で連載中の『社長 島耕作』で、現在社名とブランドを「緊急特命」で公募しているそうです。

先日「社長就任会見」行ったと思いきや、今度は社名募集で作品のPRをリアルな公募を通じて行うとは、なかなかやりますね。スペシャルサイトでも告知されており、新しい形のクロスメディアを着実に実行していますね。

作品自体は読んだことないのでしょうが、リスク管理のような、一般企業で必要とされる社長の広報的なドラマについても出てくるのでしょうか?

今後のPR展開がますます気になりますね。

ちなみに応募条件は、条件は(1)「SONY」や「Panasonic」などのように英語表記である、(2)短く覚えやすいこと、(3)メッセージ性があること、の3点。副賞として(採用されること自体が一番のプライズ、ということでしょう)100万円、応募は郵送で、とのことです。

本日のニュースは毎日.jpでどうぞ。
スポンサーサイト




テーマ:広報という仕事 - ジャンル:ビジネス




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2021 広報の視点, All rights reserved.