ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


mixi_20081021083358.jpg

以前、吉野家でテラ豚丼騒動があったことを記憶されている方もいらっしゃると思いますが、似たような騒ぎがあったようです。

スクウェア・エニックスの漫画誌「ヤングガンガン」編集部の契約社員が、実際には面識もない未成年のアイドルタレントと飲酒していたように受け取れる日記を大手SNSで公開し、解雇されました。

契約社員は別の日の日記には、ある女性タレントのサイン会でファンへの中傷コメントを書いていたこともあり、スクウェア・エニックス「ヤングガンガン」編集部として、そのことも含めて謝罪文を公開しました。

<要約>
・日記の記述は「個人的虚栄心によるもの」
・事実無根の記述により、関係者名誉を著しく毀損したことを謝罪
・ファンの皆様を中傷する記述は、当該契約社員の個人的感想であり、関係者および編集部の見解ではない

誰もが、いつでもどこからでも情報を発信できる時代ですが、社員やアルバイト従業員にブログやSNSを禁じても効果は見込めませんし、プライベートに関与するな、という話になりますので、やはりリテラシーを高める努力を企業は行うべきなのでしょう。

筆者が以前勤めていた企業では、「自社の情報については書かないこと」など、社員のブログ開設についての一定のルールを定めており、説明会なども行っていました。

現在のそのような対応をしている企業はどのくらいあるのでしょうか?考え方を変えると、(特に著名なブロガーさんであれば)講習会のようなビジネスをできる可能性もありそうですね。

本日のニュースはITMediaでどうぞ。
スポンサーサイト

テーマ:広報という仕事 - ジャンル:ビジネス




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 広報の視点, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。