ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


win_mac_03.jpg

先日のエントリ「話題が盛り上がるのは良いことだ?」でマイクロソフトの「I'm a PC」キャンペーンを取り上げましたが、その動きに呼応するように、面白い調査が行われていました。

アスキーメディアワークスとアスキー総合研究所が行った調査で、Macユーザーは「人と違ったことがするのが好き」、Windowsユーザーは「普通が好き」という結果が出ました。

あー、やっぱりね、と思わせる調査結果が他にも出ており、驚くような調査結果発表ではありませんが、話題にのぼりやすい調査PRの好事例であると思います。

ただ、筆者のポイントは実は調査結果ではなく、この調査を行わせてしまった、「I'm a PC」キャンペーンのほうです。

自社が仕掛けたキャンペーンに他社が相乗りして更に話題が広がる、というのは「I'm a PC」キャンペーン自体の魅力がなせるわざですし、話題の仕掛け人としては、願ったりかなったりだとだと思います。

一方、「I'm a PC」の訴求メッセージは、PCをつかうことってカッコいい(カッコ悪くない)という方向性でしょうから、その意味ではその訴求メッセージの反証のような調査結果でもあります。

ということで、マイクロソフトにとってはうれしくもあり迷惑でもある(?)調査ですが、やはり話題が盛り上がることが大切なので、これはこれでよかったのではないでしょうか?


-調査結果のサマリは次の通りです。

・職種:「デザイン・クリエイティブ」分野の人は、Macユーザーの9.7%、Windowsユーザーの1.3%と、Macユーザーに多い。「教育」や「会社経営・役員」と答えた人の割合も、Macユーザーの方が多い。

・年収:900万円以上の人の割合は、Macユーザーでは21.3%、Windowsユーザーでは11%。

・OSのイメージ:Macは「オリジナリティがある」「先進的」「クリエイティブ」といった意見が多く、Windowsは「メジャー」「スタンダード」「ビジネスライク」という意見が多い。

・携帯キャリア:Macユーザーでは、KDDI(au)よりもソフトバンクモバイルのユーザーの割合の方が、2.5ポイント多く、iPhoneを利用するためにソフトバンクを選んでいる模様(?)。

・「海外旅行」や「国際情勢」「英語学習」に関心があると答えた人はMacユーザーの方が多い

・自動車メーカーでは、Macユーザーには本田技研工業が、Windowsユーザーにはトヨタ自動車が1番人気。BMWやポルシェ、フェラーリなど海外の自動車メーカーが好きと答えた人の割合は、WindowsよりMacユーザーの方が多かった。

本日のニュースはITMediaでどうぞ。
スポンサーサイト

テーマ:広報という仕事 - ジャンル:ビジネス




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 広報の視点, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。