ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ホリエモン

昨日、ライブドア前社長、堀江貴文被告の最終弁論が、東京地裁で行われたようだ。残念ながら筆者はテレビ報道の様子などを確認できてはいないが、裁判が終わったお昼ごろにはネットを通じて裁判の模様が報道され、グーグルで検索してみると、27日の14時時点で100件以上の関連記事がヒットしている。

その見出しもさまざまだが大きく分けると、

・無罪主張
・検察非難
・涙

の3つに集約できる。

マスメディアによって事件は切り取られ、編集され、その媒体の論調を含んで報道される。2003年、フセイン元大統領の銅像が引き倒された映像に対して、実際に現場で喜んでいたのはごく少数だった、というレポートをめぐって議論がおきたことを覚えている方も多いと思う。綿井健陽氏は「映像は何かを映し出すメディアだが、何かを隠すマスクでもある。」と記事を締めている。

今回、報道されない部分はどうだったのだろうか。時代の寵児の最終弁論がどんな様子だったかをこの目で見てみたい、と思った人も多いと思う。筆者ももちろんその一人ですが、実は大きくは報道されない興味深い事実を発見する方法がある。

livedoorのPJニュースや、OhmyNewsのような市民ジャーナリズムは報道されない舞台裏を知りたい、という欲求をある程度満たしてくれる。

今回の報道に関して言うなら、たとえばPJニュースでは、堀江被告がマスメディア批判をしたことが伝えられている。実際に強制捜査が入る前から、NHKライブドアに強制捜査が入ったと誤報を流したことを指摘し、日本を代表するメディアが誤報を流すのは報道機関としていいかがなものか、と主張していたそうだ。

ざっと検索したところでは、大手メディアでこのことを取り上げているとことろはわずかにスポーツ報知と日刊スポーツのみのようです

筆者もクライアントの発表会やインタビューという広報の現場に立ち会うのを常としているが、その伝え方がメディアによって異なることを身をもって知っている。その意味でこのような市民ジャーナリズムが補完的な役割をしてくれていることは意義深いことだと思う。

ということで、今日はPJニュースでどうぞ。
スポンサーサイト

テーマ:広報という仕事 - ジャンル:ビジネス





Capoteさん

"マスメディアによって事件は切り取られ、編集され、その媒体の論調を含んで報道される。"

確かにその通りです。学生の頃に、「News is a socially constructed reality で reality ではない!」と教えられ、すっかり左な人間になりました。テロリストは、犯罪者でもある一方、見る人によっては、Freedom fighterである。ああ、ニュースって面白い。そんなCapoteさんに、見て欲しい映画のご紹介です。まだ、渋谷でしか上映していないのですが。

http://www.cine.co.jp/media/index.html

【2007/02/19 20:24】 URL | nori #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 広報の視点, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。