ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


E30HT.jpg

iphone旋風が過ぎ去った後、販売不振を大々的に取り上げる報道による逆風が吹いていますね。よく言われる、メディアは一斉に持ち上げ、一斉にこき下ろす、という状況に近いといえます。

さて、そんな逆風に乗じてか、KDDIの小野寺正社長が、9月17日に開いた定例会見で、iPhone不振は「想定内」との発言を行ったそうです。

広報的には常套手段といえば常套手段ですね。

・米Appleはマーケティングがうまく、発売当初のブームは予想していた
・Apple製品に関心のない一般の客にとって魅力かどうかが疑問で、販売不振になるのは想定していた
・iPhoneを含むスマートフォンの魅力は現状、テンキー式の携帯電話より不便

発言のポイントを整理するとこの3点になります。

iPhoneを法人向けに拡販しようとしていることについても、テンキー式の携帯電話の方が強いとの主張。同時に「ソリューションを開発しないと意味がない。携帯にない付加価値をスマートフォンに見い出せるかの勝負だ」 として、来春KDDIから発売予定の台湾HTC製スマートフォン「E30HT」の計画について触れたそうです。

逆風下の競合他社の状況を引き合いに出している発言とはいえ、結果論で語っているため刺激に欠け、大きくビジョンを語り人をひきつける孫社長のような華々しさもありませんが、iphoneをめぐるDocomoとソフトバンクの攻防や、発売前後の「祭り」から一歩引き、話題が落ち着いたところでに自社のスマートフォン戦略について比較しながら語る、というタイミングのとり方や危なげのない発言ということで考えると、広報的にはこれで正解、ということになりますね。

本日のニュースは、ITMediaでどうぞ。
スポンサーサイト

テーマ:広報という仕事 - ジャンル:ビジネス




最近、会社のオフィシャルな見解を事前に検討するが増えてきております。 そんなんで、勉強させてもらってるブログが 広報の視点 というブログ 今日のエントリ 刺激や華々しさは広報に求めない - iphoneを引き合いに出したKDDI 小野寺社長の定例会見 は、一見、なんてこ... jlogue【2008/09/18 19:47】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 広報の視点, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。