ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Sarah Palin

セレブリティの力は、どんな宣伝広告よりもパワーがあるな、と改めて実感したこのニュース。

米大統領選で共和党の副大統領候補として指名されたサラ・ペイリン氏の縁なし眼鏡に注目が集まり、米国内で注文が殺到しているそうです。

実はこの眼鏡は、川崎和男氏がデザインを手がけ、福井県福井市のメーカー増永眼鏡が製造したもの。

福井県といえば眼鏡フレームの生産量が全国一で、毎年そのPRとして、鯖江市(福井市ではない)で眼鏡やサングラスの着用を義務付けた「めがねマラソン」が行われていることでも有名です。

今回の一連の動き、タイミングがもう少しずれていたら、もっと大きなニュースになったかもしれません。

9/3 ペイリン氏指名受諾演説
9/5 USA Todayで眼鏡が紹介される
9/7 福井新聞で掲載
9/7 第29回めがねマラソン
9/12-13 全国紙などが話題を取り上げる

全国紙への飛び火(もしくは受諾演説そのもの)がもう少し早ければ、マラソンの取材が大いに盛り上がり、大きくPRすることができたことでしょう。

ペイリン氏の独占インタビューの模様が、Youtubeに投稿され、282万人が視聴するという盛り上がりを見せる中、大統領選の行方によっては眼鏡業界に特需が起こることも期待されますね。

本日のニュースはYOMIURI ONLINEでどうぞ。
スポンサーサイト

テーマ:広報という仕事 - ジャンル:ビジネス




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 広報の視点, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。