ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


index_ssulogo2_over.jpg

PR畑で働いている人なら、サニーサイドアップが、PR代理業の枠を超え、スポーツ選手やアーティスト等のマネジメント業務というもうひとつの軸足を強めていることをご存知の方は多いと思います。

そしてサニーサイドアップが、9月5日に大証ヘラクレスに上場するのをご存知の方も多いと思います。

そんなサニーサイドアップの上場に関してこんな噂が流れているようです。

「サニーサイドアップは北島選手の北京五輪での活躍を当て込み、大証ヘラクレスに上場を申請。その北島選手が金メダル2冠を達成したことで、思惑通りの展開になった。ご祝儀相場で株価が上昇した際に高値で売り抜ければ、株主は大もうけできる」(証券関係者)

なるほど、それを見込んでこのタイミングに上場を計画したのかもしれませんし、特に最近は材料不足ですから、ご祝儀相場、というのはありえますね。

所属選手やアーティストも、未公開株を持っており、特に同社のマネージメント事業の存在を知らしめた中田英寿氏は約7%を保有する第3位の大株主で、 「目論見書」の想定発行価格で計算すると、上場時には、時価総額が1億4560万円に達する、とのこと。

主幹事のみずほインベスターズ証券は、公募価格を8月28日に決定するそうですが、初値はいくらをつけるのか?北島効果、出るのでしょうか?

何はともあれ、PR会社が注目を集めるのは業界全体にとっても良いことですね。

本日のニュースはイザ!で、どうぞ。
スポンサーサイト

テーマ:広報という仕事 - ジャンル:ビジネス




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 広報の視点, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。