ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


回収

先日のエントリで、不二家の騒動にメディアのリソースが割かれるタイミングを利用して、不祥事の開示を行なうことでリスク低減を図ることができる、と書きましたが、今、まさに「回収」ラッシュです。

ざっと数えただけで10件もの「回収」発表が、集中的にが行なわれています。

一種の危機管理広報の定石とはいっても、これはちょっと見過ごせない事態なのではないでしょうかね。「食品の安全と品質管理」をテーマに今後続々と特集記事が組まれていくことでしょう。

不二家はパンドラの箱を開けてしまった、というか貧乏くじを引いてしまった格好ですね。
下記は記事ヘッドラインの抜粋です。

1月23日 ワインにガラス片、回収を発表(ワイン輸入・販売会社「ガロ・ジャパン」

1月23日 マーガリンに金属片混入=約86万個を自主回収ユニリーバ

1月23日 バックル破損、「トイザらス」インラインスケート回収

1月22日 スタバで見本用の洋生菓子を誤販売、自主回収

1月22日 日東紅茶ティーバッグを自主回収

1月20日 アクエリアスなど、異物混入で回収…日本コカ・コーラ

1月19日 USJ、菓子2万個回収製造元の「おたべ」、賞味期限切れ原料使う

1月15日 クッキーを一部回収=健康コーポ

1月13日 すしに賞味期限切れのしょうゆ、ローソン自主回収

1月13日 ミスドで商品に石?の異物混入…回収、販売休止へ
スポンサーサイト

テーマ:広報という仕事 - ジャンル:ビジネス



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 広報の視点, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。