ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


YahooMSTimeline.jpg

資源高騰で下落局面に入っている日本の株式市場は、先週株主総会ラッシュっだったわけですが、中でも大きく取り上げられたのが、アデランスホールディングスの株主総会。筆頭株主のスティール・パートナーズに同調した他のファンドや個人株主が、現経営陣の再任に反対し社長らの再任が拒否されました。

投資ファンドの主張の多くが退けられた一方、アデランスのこの一件は、個人株主を含めたもの言う株主の存在感を再確認させたものだと思います。

広報・IR的に必要とされるのは透明性の高い株主への説明です。

海の向こうでここ数ヶ月大きな注目を集めたヤフーとマイクロソフトの攻防ですが、ヤフーは、8月1日の株主総会に向けにて、詳細な情報開示を行っており、情報の整理の仕方、透明性を意識した内容で参考になると思います。

米証券取引委員会(SEC)へ提出したものの公開資料のようですが、マイクロソフトとの交渉過程を時系列でまとめた表や、Googleとの提携で実現される具体的サンプル、マイクロソフトとGoogleのディールの比較表などを見ることができます。

ちなみに、野村証券金融経済研究所の調査によると、今年の株主総会で「議決権を行使する」と回答した個人株主のうち「会社側の全議案に賛成」は前年比20.4ポイント減の31.6%となったそうです。

本日のニュースはメディア・パブでどうぞ。
スポンサーサイト

テーマ:広報という仕事 - ジャンル:ビジネス




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 広報の視点, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。