ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


200805260009o1.jpg

ちょっと前のニュースですが、松下電器が、同社の世界一長持ちするアルカリ乾電池「EVOLTA(エボルタ)」のPRイベント(実証実験?)を行いました。

「世界一」の名に懸けて挑戦したのはグランドキャニオンの絶壁。エボルタ2本を動力源にした小型ロボット(全長17センチ、重さ134グラム)が、高さ530メートルのグランドキャニオンをロープでよじ登り、6時間46分で登りきったそうです。

世界クラスの巨大なものに挑戦する小さなロボット、という対比がなんとも印象に残ります。

伝えたいことを効果的に伝えている、シンプルでほほえましいPRの事例ですね。

ちなみにエボルタの使用時間は、従来の松下のアルカリ乾電池より2~5割長く、使用可能期間(保存可能期間)も10年間とこれまでの5年から倍増しているそうです。

本日のニュースは、FujiSankei Business i でどうぞ。
スポンサーサイト

テーマ:広報という仕事 - ジャンル:ビジネス




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 広報の視点, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。