ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


4903301055822.jpg

ライオンの台所用洗剤「CHARMY(チャーミー) 泡のチカラ」が、昨年3月の発売から8カ月で約2500万本を販売するという、好成績を収めているらしい。

売れ行き好調な製品に対しては、ヒットの法則を分析すべく、商品開発者などのインタビューが企画されるのですが、泡のチカラにおいてもご多分に漏れず担当者のインタビューが行われました。

このインタビューのコメントですばらしいなぁ、と思ったのが次の一言です。

「泡の重要性なんて今に始まったことではない。当たり前のことをPRしただけで売れるのか…」

とくにこの一言が重要なのは、言うまでもなく、商品名とのリンクがあるからです。

当初社内では疑問視されていた特性「泡」へのこだわりがが、最終的に商品名となり、発売してみれば大ヒット、しかも自社の台所用洗剤の売り上げ実績を前年比で25%押し上げる原動力となった、となれば商品開発ストリートしては非常に魅力的なものになります。

「肝心の泡が優れていないと商品名は通用しない。洗浄力と使い勝手の良さを今後も探っていきたい」とのご担当者の〆の言葉もきちんとしていたインタビュー記事でした。

本日のニュースは、イザ!でどうぞ。

スポンサーサイト

テーマ:広報という仕事 - ジャンル:ビジネス




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 広報の視点, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。