ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


YM

米ヤフーが、米マイクロソフト(MS)がヤフー宛に4月5日に出した、3週間以内に買収に合意できなければプロキシーファイトに入ることを示唆した書簡に対する返答をしたそうです。

複数の報道を見た限りでは、「ヤフーの企業価値を過小評価している」として、真っ向から反対した書簡のようで、各紙の見出しもそれを反映しています。

・米ヤフー、マイクロソフトと攻防激化・買収価格は「過小評価」(日経)
・買収額引き上げ ヤフー要求方針(読売)
・ヤフー、買収価格引き上げ求める MSへ書簡、提案は「企業価値を過小評価」(産経)

そんな中、驚いたことに朝日新聞だけ、なぜかまったく異なる見出しでした(AM 8:30現在)

・ヤフー、条件次第で買収受け入れも MSに書簡(朝日)

記事を見ると、株価の過小評価についても触れられているものの、「ヤフー株主の最大利益になるのであれば、反対しないと、条件次第では買収提案を受け入れる可能性を示した。」というくだりがメインの記事になっています。

朝日新聞は相対的にプライドの高いメディアです。

これは個人的な経験にもとづく見解ですが、例えば日経などがリーク報道した場合でもその日の夕刊に、急遽追いで同じネタの記事を掲載する、ということは(他紙はしても)しない傾向が強いと思います。

今回のこの見出しはどうなのでしょうか?
他紙の見出しを予測して逆を行ったのか、それとも単なる誤訳か?
おそらく前者だと思いますが、私がヤフーの広報担当ならクレームを入れているかもしれませんね。

本日のニュースはAsahi.comでどうぞ。
スポンサーサイト

テーマ:広報という仕事 - ジャンル:ビジネス




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 広報の視点, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。