ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


mixi

ミクシィが3月3日に発表した、4月1日から適用される新規約の著作権に関する条項について、、「規約改定後はユーザーのmixi日記が勝手に書籍化されるのではないか」と不安の声が上がっていたようですが、翌4日mixi側は、「ユーザーの了解なしに書籍化などは行わない」と明言し、改定の意図を説明したそうです。

改定後の規約で加えられたのは、下記の2項目

 1.ユーザーが日記などを投稿する場合、ユーザーはミクシィに対して、その情報を国内外で無償・非独占的に使用する(複製、上映、公衆送信、展示、頒布、翻訳、改変等を行う)権利を許諾するものとする
 2.ユーザーはミクシィに対し、著作者人格権を行使しない

一見すると、「ユーザーの日記を、ミクシィが勝手に書籍化」することをほのめかしているようですが、実際には、データ管理の関係等法に抵触しかねない部分があるので、規約で改めて規定した、とのことででした(発表文)。

(日本の)ソーシャルメディアの代表格ともいえる、mixiのこの発表とそれに呼応して発生した騒ぎですが、「ソーシャルメディアは誰のもか」というシンプルな問いに対する回答を明確に見せてくれています。シニカルな言い方をすると、ユーザーありきを常に意識しているべきmixiのこの対応はやや不安を感じさせるものです。(過剰対応かもしれませんが笠原氏のビデオメッセージを流すなどの誠意を見せてもいいくらいだと思います)

実際には、過去にもlivedoor blogや、ドリコムブログgoo BLOGが、条項変更時に著作権の問題でユーザーの反発をかった事例が見受けられ、その意味では、今回の発表に対するユーザーのレスポンスは予測できたはずであり、発表前の広報的な検討が不足していたのかな、と思いました。

残念な結果ですが、筆者も他社事例に学びスムースな広報発表を心がねば、と自覚を新たにしたニュースでした。詳細はITMediaでどうぞ。
スポンサーサイト

テーマ:広報という仕事 - ジャンル:ビジネス




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 広報の視点, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。