ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


kippo

年始なので、縁起のよさそうな話題を。

江崎グリコが、昨年12月より、ポッキーを買うと抽選で5000人に、パッケージの文字や写真が逆さまに印刷された「キッポー(吉報)ポッキー」が当たる、という企画を実施しているそうです。

受験シーズンに商品名を「もじって」、通常のブランドとは異なる見せ方をする、というのはよくあることでしょうが、受験ものは昔からよくありましたよね、カツをたべて勝つ、とか。

数年前に、ネスレがキットカットのマーケティングで、九州方言の「きっと、勝つとぉ」に似て縁起が良いと口コミで広まったことが最近のブームのきっかけ、というのは有名な話ですね。

ほかにもいろいろと記事の中で初回されていましたので、以下に。

・夜食として人気のカップめんではエースコックが「必ず!スーパー勝っプ」を先月発売
・日清食品も「チキンラーメン」などの具材に「開運祈願!ひらけゴマ」「スコーン!と合格」など意味づけを加えた応援版を7日に発売予定
・フルタ製菓が五角の箱に「成功YEAR!(イヤー)」と印刷した「セコイヤチョコ」を先月発売
・敷島製パンが「きっ十勝あんたっぷりサンドロール」を販売

期間限定のブランディングですが、単なる便乗にならずに、「楽しさ」や、ターゲットとなる受験生やその親に「共感」を生み出す仕組みを演出できれば、ひとつ頭の抜けた形になりそうですね。

本日のニュースは、Asahi.comでどうぞ。
スポンサーサイト

テーマ:広報という仕事 - ジャンル:ビジネス




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 広報の視点, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。