FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
mobaga

ディー・エヌ・エー(DeNA)は12月18日、「モバゲータウン」の成長は主に20歳以上のユーザーがけん引しており、今後も成長の維持は可能、とする投資家向けコメントを発表したようです。

これは、総務省からの要請を受けて、携帯電話事業者が未成年者に対しフィルタリングサービスを原則加入とする方針を、10日に発表したことを受けてのコメントです。

モバゲータウンといえば、勝手サイトでありながら開設からわずか2年足らずで800万ユーザーを獲得したモンスターサイト。

開設当初のメインユーザーが10代であったために、いまだにそのイメージが強いですが、同社のIR向け資料を見ると、そうでもないことが分かります。

残念ながら株価自体は10日の発表以来、下落傾向をとめることができていませんが、今回のコメントはスピーティかつ的確なもので短期的にも、中長期的にも必要なアクションであったと思います。

逆にポジティブに考えて、キャリアの方針決定は、ユーザーの年齢層拡大に注力してきた現在の経営方針が正しかったことの証明であり、今回注目されたことで、20歳代をターゲットとしたいスポンサーからの新規ビジネスにつなげるためのアピールの場になったみたいころですね。

本日のニュースはITMediaでどうぞ。
スポンサーサイト




テーマ:広報という仕事 - ジャンル:ビジネス



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2021 広報の視点, All rights reserved.