ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


The Pirate Bay

M&A関連、取り上げたいトピックスが一杯ある中で、最初のエントリがこれか、という感じもしますが、面白い話題なのでいいかな、と。

さて、このシルエットに見覚えのある方はいるだろうか?そう、かのシーランド公国である。先日のエントリでも取り上げたが、なんとその続報が飛び込んできたのだっ!

なんでも買収するのは、スェーデンでPirate Bayというサイト運営をしている組織だ。しかもこのPirate Bayという組織は、海賊版天国として米国やスウェーデンなど各国の関係当局から排除の圧力を受けている団体なのだ!

当の Pirate Bayは著作権の問題に関して、楽曲、映画、ソフトウェアなどのファイルの場所を示しているだけで、違法コピー品を供給しているわけではない、と主張しているらしい。しかしながら今回の世界最小の国家買収劇は、著作権問題から開放されることにあるようだ。Pirate Bayのシーランド獲得への気合の入りようは、特設サイトからもうかがい知ることができる。

そもそもシーランド公国が国として国連から承認されていない以上、そこでの法律は有益なもののだろうか、と思ってしまう。どこまで本気でどこまでジョークなのかが分かりませんが、話題性獲得、という意味では両者にとって必要十分な結果を得ているのではないでしょうか。特設サイトにはすでに900件近くのコメントが世界各国から寄せられています(笑)。

ニュースの詳細は、japan.internet.comと、SANS JAPANにてご確認ください。
スポンサーサイト

テーマ:広報という仕事 - ジャンル:ビジネス



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 広報の視点, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。