ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


iiEVSPORT

自動車業界における最大の祭典で、広報的にも非常にキーとなるイベント、東京モーターショーが、10月27日に開幕します。今年のモーターショーでは、三菱自動車が、無線で電力を伝送し充電するシステムを搭載した新世代の電気自動車「i MiEV SPORT(アイ・ミーブ・スポーツ)」を出展するそうです。無線充電システムの電気自動車の披露は世界初となるとのこと。

地球温暖化防止に向けた有効な手段として注目を集める電気自動車ですが、普及のボトルネックは、給電のインフラ整備。その解決策としてして期待されているのが、「無線充電システム」。電磁波の一部「マイクロ波」を使用して無線で電気を電気自動車に送り、充電する仕組みだそうです。

近未来的な響きの言葉が当たり前のように使われているこの発表ですが、それだけでもPR的な魅力にあふれる価値の高い情報ですね。 


具体的には、マイクロ波を発生させる送電装置を設置した駐車場に電気自動車を駐車すると、給電用コードを使うことなく、電気がマイクロ波を通じて送られ、電気自動車のリチウムイオン電池を充電することができるとのこと。

モーターショー実施のころに、話題のピークを持ってこれるよう、TVやYoutubeなどでも使えるような実際のシステムの動画コンテンツの提供や、関連イベントなども行われるかもしれませんね。

三菱自動車はかつてのリコール隠しによって、企業イメージが低下してしまいましたが、もう少し過去にさかのぼれば、世界初の直噴エンジンを世に出した企業でもあります(残念ながら諸事情により、現在三菱はGDIエンジンを作っていないようですが)。

無線充電のシステム実現と実用化にはまだ時間がかかるため、発表は早すぎなかなぁ、という気もしますが、先進的でエコフレンドリーな企業イメージ回復の一助にはなるのではないでしょうか。

本日のニュースはイザ!でどうぞ。
スポンサーサイト

テーマ:広報という仕事 - ジャンル:ビジネス



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 広報の視点, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。