ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


iza

国内サイト成長率トップは「イザ!」、という調査結果がイギリスのcomScoreの6月度調査で判明したそうです。

6月におけるイザ!のユニークユーザー数は346万4,000人で、5月の227万5,000から52%と大幅に増加。イザ!と同じ産経グループが運営するニュースサイト「ZAKZAK」も19%増加し、9位にランクインしたそうです。

この結果に対し、同調査会社の日本法人代表取締役の佐藤英丸氏は、「イザ!は、すべての記事にトラックバックできるなどユーザー参加型の仕組みを取っていることが要因のひとつ。記者によるブログも公開しており、年金問題や国会議員の失言などがあったことから、注目が集まったのではないか」と分析しています。

トラックバックをつけるなどの取り組みはずっと以前から行っているので、それが急増の原因とは思えませんが、「記者ブログ」が注目を集めた、ということは急増の一因としてはありえますね。

ちなみに政治部首相官邸担当の阿比留瑠比氏のブログは、1年2ヶ月で累計2万コメントに到達、300万アクセスを達成したそうです。


海外メディアでは、オンライン上で、記者のコメント付の動画が見れるようになっており、記者個々人の売り出し方は、もっと積極的ですね。
単に文化の違いともいえるかもしれませんが、日本人記者の動画コメントも見てみたいものです。

ちなみにリンク先の記事はITMedeiaでも翻訳されている「SNSで上司に「友達登録」を求められたら?」という面白い記事です。

以前から気になっていたので、産経グループのオンラインメディアをまとめてみました。結構いろいろやっています。

モバZAKのご案内
iza(イザ!)
産経Web
ビジネスアイ
SANSPO.COM
産経NetView
サンスポFishing
Gallop ONLINE
携帯「産経新聞ニュース」

本日のニュースは、INTERNET Watchでどうぞ。
スポンサーサイト

テーマ:広報という仕事 - ジャンル:ビジネス



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 広報の視点, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。