ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シャープ

今日は最近みたニュースを二つまとめてご紹介。
ひとつは世界最大のニュースで、現在ラスベガスで行われているCESでの発表案件のひとつです。NIKKEI NETによると、今回シャープが発表したのは108型の液晶テレビで、松下電器産業のプラズマテレビの103型を超える大きさ。薄型テレビでは世界最大となるらしい。ちなみにフルハイビジョンに対応で、2007年夏の商用化を予定していて価格は未定、とのこと。

広報においてデータは、キーメッセージに説得力を持たせるために、非常に重要です。特に世界最大とか日本最高記録、のように「最」がつく数字はメディアにも取り上げられやすいので、私もデータに関連のあるニュース素材を扱う際には、常に確認する部分です。

今回のシャープの発表のキーメッセージは、「シャープの技術力(特にに新設された亀山第二工場の)は世界一である」ということで、その証明のための、今回の世界最大のサイズの液晶テレビを発表という構図になります。

さて、もうひとつのニュースは世界最小です。

その名もシーランド(Sealand)公国。イギリスの沖合いに位置するこの世界最小の国が「身売り中」、との報道です。実際には国連の承認は受けていないので、国家を「自称」しているに過ぎないらしい。

との位小さいかというと、面積はバスケットコートよりやや広い程度だそうです。ちなみに先日、よいメッセージの構成要素とは、"Memorable, Simple and Relevant"と書きましたが、どのくらい小さいかを具体的に関連付けて(relevant)、記憶に残りやすくする工夫がここでもなされています。

SANSPO.COMによると、その売り出し価格は「日本円にして約148億円とも報じられており、公国の伯爵の称号を持つタレントの西川きよしもビックリ?」だそうです。。。ちなみに公国は財政を立て直しの一環として、日本円にして9000円でネット販売していた伯爵の称号を半額の4500円にする“出血セール”を行い、西川氏はその際テレビの番組内で称号を取得したらしい。。。

楽しいニュースですね。

シーランド公国

スポンサーサイト

テーマ:広報という仕事 - ジャンル:ビジネス



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 広報の視点, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。