ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


MXTV

YouTube日本語版に、TOKYO MXがチャンネルを開設しました。地上波局では初となる試みです。

ちなみに日本初はスカパーで、こちらはYouTubeを通じて番組内容をアピールし、各サービスに誘導するのが狙いですが、TOKYO MXの場合は、放送エリアを超えて視聴者獲得するのが目的、とのこと

今後獲得する新規視聴者に対してどのようなサービス展開をするかは未定とのことですが、もともと「BlogTV」のように、ネットとの融合に積極的に取り組んできていた同局らなではの試みであり、局としてのイメージ確立=差別化に大きく寄与するものですね。


気になるコンテンツは、「TOKYO MX NEWS」、石原慎太郎都知事の定例会見、立川談志さんと野末陳平さんが世相を語り合う「談志・陳平の言いたい放だい」を公開し、順次増やしていくとのこと。

ネットとテレビの融合、進むようでなかなか進まないのは、もちろんコンテンツ・著作権管理の問題があるからですが、大手キー局が手をこまねいている間に、TOKYO MXのような小回りの利く局に差をつけられて、あらたなビジネスチャンスをさらわれてしまうかもしれませんね。

ちなみに、早速のぞいてみると今日は参院選の選挙演説の映像がずらり。演説内容をまとめて閲覧できるだけでも非常に便利ですね。

本日のニュースはITMediaでどうぞ。
スポンサーサイト

テーマ:広報という仕事 - ジャンル:ビジネス



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 広報の視点, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。