ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Youtube

YouTubeがアップロードされた動画をテレビなどで配信するサービスを検討していることを、ラスベガスで開幕されている家電見本市(CES)で明らかにしたそうだ。

フジテレビとライブドアに始まる、最近の「ネットとメディアの融合」は、TBS楽天の提携も進捗していないという状況がある中で、これは今後の方向性を示唆するニュースかな、と思った。

しかもストーリー的には、YouTubeという既存メディアに敵視されている企業が、逆に対してキラーコンテンツを提供する立場になる、という逆転現象が起こるかもしれないという点が面白い。強大なユーザーの数のパワーを背景とするGoogle流には巻かれてしまうほうが利口なのかもしれない。

だが実は、ネットとメディアの融合は実際にはテレビ局側からも実現されている。

カワズ君の検索生活というフジテレビの番組をご存知だろうか。検索結果データをもとに、いま世の中で注目されていることを、番組独自の視点でトークを交えながら紹介していく、というものです。

「検索」によって多くのコミュニケーションの流れに変化がおきたが、逆にアクセスできる情報が多くなりすぎて、プロアクティブに情報を取りいくのが億劫に思われる部分があるのも否めないと思う。そこにこの番組の存在意義がある。前かがみになってキーボードを叩くのではなく、ゆっくりと背もたれに身を委ねてネットの世界を鑑賞することができるのだ。

昨今、テレビ局のティーザーでの番組宣伝広報を含め、企業コミュニケーションのチャネルのひとつとして、YouTubeを利用しているところも多い。うまくすればそのコンテンツがテレビで放映されるかもしれないとなると、ますます「YouTube & Google様」を念頭においたプランニングが必要になってくるかもしれませんね。

ニュースの詳細はNIKKEI NETでご覧ください。
画像はFlickrからお借りしました。

<補足>
他にもありましたので、下記をご参照下さい。
テレビ朝日「爆笑問題の検索ちゃん」
NHK「つながるテレビ@ヒューマン」
TV東京「うぇぶたま」
東京MX「BlogTV」
スポンサーサイト

テーマ:広報という仕事 - ジャンル:ビジネス



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 広報の視点, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。