ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




以前のエントリ「小気味よいカウンター」でご紹介した、Mac対PCのCMですが、今月からマイクロソフトが「I'm a PC」というキャンペーンを始めて話題になっています。

セレブリティや学者、保護団体の人や芸術家などが続々と登場し、「I'm a PC(Windows)」とWindows派であることを表明していきく、という内容で、PCを使うことってカッコイイ、というメッセージが伝わってくる、いわばクロスカウンターですね。

さらにソーシャルメディアの話題づくりとして、CEOスティーブ バルマー氏が、「I AM A PC AND I LOVE THIS COMPANY!」と叫ぶ動画をアップしており、社を挙げて?工夫しているようです。

と、肝いりのキャンペーンなのですが、ちょっとミソがついてしまい、それも話題になっています。

この反アップルの「I'm a PC」広告ですが、実はアップルで作られてたそうで、その証拠写真が公開されています。

ほぼ全ての広告がMacで作られていることを考えると、まぁ仕方ないと思いますが、やはりこういう話題は、スティーブ氏が叫ぶ以上に盛り上がりますよね。

ちょっとかっこ悪いかもしれませんが、話題が盛り上がるのは良いことである、とポジティブに捕らえてもいいのではないでしょうか?

本日のニュースは、GizmodeJapanでどうぞ。

スポンサーサイト

テーマ:広報という仕事 - ジャンル:ビジネス



| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2008 広報の視点, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。