FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
lepard

Mac OS X 10.5 Lepardの店頭販売が始まり、ファンの間では話題になっています。サービス開始や発売当日、というのは広報的にも盛り上がりを演出すべき瞬間で、良くあるパターンとしては、テープカットや、行列、著名人の参加という絵が用意されます。

Lepardの発売イベントもご他聞にもれず、行列が自然発生した模様。

アップルのようにブランド価値が高く、ロイヤルカスタマーの多い企業主なると、発売当日イベントも「おもてなし」の様相を呈するようで、イベントを考える上でも参考になります。

・100人をこすスタッフが総出で来店したユーザーを迎える(アップルストア銀座店)
・雨の中で待っているユーザーに対し、暖かいコーヒーを振舞う(スターバックスポット22本分)
・店内へのお出迎えは、「ハイタッチ」で歓迎
・解禁の瞬間に向けてのカウントダウン
・雨の中来店したユーザーに傘を配る(米国も雨の中での発売だったようです)

ブルースクリーン問題
も起きてしまっているようですが、強いブランド・ボンディングできっと乗り越えられるのでしょう。

本日のニュースはITMediaCNETでどうぞ。

スポンサーサイト



テーマ:広報という仕事 - ジャンル:ビジネス



| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2007 広報の視点, All rights reserved.