FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
mazda

ソーシャルメディアのツールの使い方はさまざまだなぁと、関心させられたニュース。

ロータリーエンジン40周年の記念キャンペーンを展開しているマツダTwitterを活用している。そのサイトであるMatsudaRotaryの今日の時点でのフレンドは現在70人、Followersが95人と、なかなか盛り上がっている。

現在マツダは40周年記念日までをカウントダウンできるブログパーツを配布中で、そのブログパーツに書き込まれたファンからのロータリーエンジンについてのコメントがTwitterに投稿されている。

要するにTwitterはブログパーツを通じて集まったコメントを、シンプルに一覧表示するための場として活用されているのだ。そもそもブログパーツを張るのはファンに限られており、基本的によいコメントしか出てこないはず、ということを考えると、Twitterを通じたコメントの開示は必勝ともいえる非常にスマートな手法ですね。

ファンでない人にとっても、盛り上がっている様子をうかがい知ることができ、気分の共有もできるというものです。

それにしても、Twitterを使うとは大企業とは思えない軽やかさですが、運用には一定の線引きを行っているようです。

スポンサーサイト



テーマ:広報という仕事 - ジャンル:ビジネス



| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2007 広報の視点, All rights reserved.