ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


41E4WCtnjlL__SS400_.jpg

昨日「YouTube時代の大統領選挙」出版記念イベントにご招待いただき、さらに本までいただきました。

この表紙のデザイン、青の部分のみ読むと、「You 時代の 選挙」となり、グッとくるメッセージが込められています(イベント中このことの説明が東急エージェンシーさんからありましたが、筆者は一応その前に気がついて、数年前のTimeのperson of the yearだな、とニヤニヤしていました)。

まだほとんど読めていないのですが、昨日のイベントが、この本の中身のクイックツアーのような意味合いも兼ねていると思うので、イベント中のメモを中心に文書化してご紹介(順序は進行と異なります)。

・バラク・フセイン・オバマは、考えられないようなファクターのコンビネーションの持ち主でプロダクトが良すぎだが、そのEngagementを生む行動やブランディングはマーケターとして参考になる所が多い。

・ヒラリーは自分の政策を愛しているとコミュニケーションしていたが、オバマは人々を愛している、と語った。このことは人種をはじめとする様々な環境別に23ものチャネルに分けて展開している"PEOPLE"にも現れている。

・オバマは、130万の登録されたメールアドレスに対して直接的な対話を行っている。支援者に向けてパワーポイントを送信し、ビデオで公式な戦略説明。また支援者との昼食会では「皆さんの口コミが重要」と伝えたりしている。

・逆境になると強くなるのがオバマ。いわゆるライト牧師発言で炎上状態になりそうになったときなど、問題に対して正面から対話を行う姿勢が米国では支持された。

・「政治献金」もまたEngagementを生む。献金は投資であり良いROIを得るため人々は強力にEngageする。実際にペイリンのオバマ批判の演説後、オバマには1日で8億円を超える献金があった。

・オバマは私たちが夢だと思っていたことを実現してしまった。米国民はそれに出逢ってしまった。

・就任演説の前に支援者に直接送られたメール。 I want to be very clear about one thing...All of this happened because of you.

・Twitterの隆盛に見られるソーシャルメディアの発達により、もはやマジョリティはサイレントではなくなったし、マジョリティと呼ばれること自体好まない。今やマジョリティは、行動しない人→見物→参加→収集→批評→クリエイティブのいろいろな顔を持っている。

・有名なYoutube動画"Yes We Can"や"Vote Different"は、オバマと言うブランドにinspireされて作られたもの。プラットフォームから考えるのではなく、コンシューマを"inspire"し、参加を促すコンテンツを生み出す発想がマーケターにとって重要。

・・・こうした出来事700日間を克明につづった著者の大柴ひさみさんは、とてもさっぱりした清々しい方でした。

スポンサーサイト

テーマ:広報という仕事 - ジャンル:ビジネス


fire.jpg


「@Press(アットプレス)」でリリース配信代行サービスを行っている、未来予想株式会社が、「ヒネッター」という、いわゆるネットの「炎上」を逆手に取ったまったく新しい手法を開発したそうです(出所/追記:ただしこれはジョークネタとのことでした)。

このヒネッター、コンプライアンス的に非難必至の愚行にわざと走ってネットの注目を集め、自社サイトや新サービスなど任意のランディングページに誘導する、という手法。サービスを利用した第一号といわれる人のエントリ「解雇されたので起業します」は、はてぶが800以上ついています。

モラル的にどうなのか、ということを切り分けて考えると、一定の条件がそろい、ストーリー設定ができれば、最初のトラフィック獲得にはつながりそうな感じがしますね。

そんな動向を見ていたら、「炎上」対策に関する興味深い記事があったのでご紹介。

"One Medium PR People Should Buy: Search(PR担当は「検索」を買うべし)"

このエントリでは、いわゆるPR(代理店)は、検索連動型広告をコミュニケーション戦略に組み込み、消費者の会話に関与するべきだ、とのことを伝えています。

事例として紹介されていたのが、日本のキッコーマン。

ことの発端は"Kikkoman soysauce not vegan?"(キッコーマンの醤油は純植物性ではない?)という掲示板。

この掲示板をきっかけにキッコーマンの検索ランキングは自然と上昇し、間違った情報を広める結果となってしまいました。

その際カウンターとして活用したのが、検索連動型広告で、広告テキストは、

"Soybeans, wheat, salt, water. Nothing else added."(大豆、小麦、塩、水、以上。)

というもの。そして醤油の作り方を詳細伝えるHPへと誘導したそうです。

Googleという「世界最大のメディア」の影響力は大きく、情報が伝わるのも早いため、そのカウンターアクションをアドセンスなどで行う、しかも消費者との「対話」として検索連動型広告を活用するのは、危機対応として新しく、正しいやり方だと思いました。

検索連動型広告を積極的なプロモーションやキャンペーンなどではなく、危機対応の対話型ツールとして活用するという発想はとても新鮮でした。

こちらの全文はAdvertising Ageでどうぞ。

テーマ:広報という仕事 - ジャンル:ビジネス


iranelection_20090618084643.jpg

結果的にこれはTwitterにとって非常にいいPRになったといっても良いのではないでしょうか?

今日のTwitter関連の話題といえば、「140 Charactersカンファレンス」かなぁと、思ってたのですが、電車の中で読んでいた日経本紙の見出しに目が釘付けになりました。

「サービス中断延期 米政府が要請 デモ参加者用の米ミニブログ 抗議活動を間接支援?」

Twitterが米国時間の夜間に予定していた、メンテナンスに伴うサービス停止をイラン時間の午前1時半に変更したそうです。

現在イランでは6月12日に行われた大統領選をめぐる抗議活動が続いており、米政府が同国民がコミュニケーションを続けられるよう、Twitter側にメンテナンス時間の変更を働き掛けたからとのこと(イランでは情報統制が行われているため、リアルな情報を伝え、運動を組織するためにTwitterを活用しているそうです)。

今朝取った「流行のトピック」リストの画像には#iranelectionがトップに来ていますが、TechCrunchの記事によるとどうやら昨日は#nomaintenance〔メンテナンス実行反対〕がトップに表示されていたようで、相当強い要求が(イラン国民から?)寄せられていたことがうかがえます。

いつもならTwitterの話題が日経本紙に出るようなことは考えにくいのですが、米政府による介入や国民運動と結びつくことで話題としてのパワーが一気に強まり、(海外から記事が配信され)日経本紙でも記事化に繋がった形です。

Twitter側は、「国務省は当社の意思決定プロセスに影響を与えられない」と明言し、自らの判断による延期であることを強調しているそうです。

いずれにしてもTwitterにとってはWebサービスとしての利便性や広く支持されているという事実を、米政府公認という形で、世界的にしかもTech系ではない一般メディアを通じて伝えられる効果的なPRになったといえるでしょう。

本日のニュースはITmediaでどうぞ。

テーマ:広報という仕事 - ジャンル:ビジネス


R2D2.jpg

先日アメリカで公開された、スター・トレックですが、スターウォーズのR2-D2が映画の随所に隠れているそうです。J.J.エイブラムス監督が大のスターウォーズ好きとのことで実現しているそうですが、さらに、劇中にでてくるR2-D2を探して応募すると、劇中で実際に使われた小道具があたるとういキャンペーンも同時開催中とのことです。

詳細情報が出ているというFacebookのスター・トレックページを見てみると、"THE STAR TREK EASTER EGG SWEEPSTAKES"と題されたキャンペーンのお知らせのエントリが。

説明を読むと、
"identifying hidden content (the “Easter Egg”) in the specified scene from the film"
"What scene in the new film STAR TREK features the robot “R2-D2” from Star Wars?"

と書かれており、R2D2の卵形の形状とEaster Eggが、かけられている模様。

公式HPなどでは告知がされていないところをみると、コアファン向けの施策としてバイラルで行っているのでしょう。

事実、Facebookの告知エントリについているコメントにも、"Great, another reason to see Star Trek again."などとかかれており、リピータ獲得施策/リピータ向けの感謝企画、とも言えそうです。

作品の世界観の管理よりも、作る側も見る側も楽しんで参加できる「遊びの感覚」が大事、ということでしょう。

本日のニュースはGizmode Japanでどうぞ。

テーマ:広報という仕事 - ジャンル:ビジネス


analogue_20090430091607.jpg

「PRキャラクター」の役割は、言うまでもなくイベントなどの訴求したい物事を視覚的に受け入れやすい動物などの「イラスト」の形をとって伝えることであり、欲を言えば数多くの人に愛されることです。

筆者がここでイラストとわざわざ書くのは、キャラクターとイラストとは異なる、ということを言いたいからです。多くの「PRキャラクター」には背景やストーリー、性格付けなどがなされていないため、非常に平面的です。

今話題の「地デジカ」ですが、地デジ化と鹿をかけている以外の関連性は見当たりません。外観の特徴としてたっているのはその衣装、でしょうが、水着でもレオタードでもなく特に意味はないようです(ITMedia)。
(追記:民放連のサイトが見られるようになりました。PDFで、地デジカの設定に関する資料が公開されています。)

皮肉なことに、特に意味なく水着のような衣装にしたために、猥褻なものをふくむ二次創作キャラクターがネット上で数多く作られ(pixivには今200点以上あがっています)、これに対して著作権をもつ民放連は、

「地デジカの著作権ですが、世にある他のキャラクターと同様、無断掲載には厳しく対応していきます。一般のブロガーの方がブログに掲載したり掲示板に載せることも、著作権の問題がありますので黙認することはしません」

「特に、二次創作キャラクターの作成や掲載につきましては、許されるものではありませんので、見つけ次第、厳しく対応していきます」

とコメントしているようです。公式コメントなのでこう言わざるを得ないという側面もありますが、ネット上のコミュニケーションを挑発するような物言いは、かつてのWaiWai騒ぎのときの毎日の対応を彷彿とさせますね。

PR用キャラクターがネット上でいじられるというプロセスは、違う見方をすれば「受け入れられていく」プロセスでもあります。

かつて非難を浴びた「せんとくん」が、今では人気が出てきていることを考えると、逆に「遊んでもらう」くらいの発想は必要でしょう。

本日のニュースはGIGAZINEでどうぞ。

ちなみに今一番いけている「キャラクター」は、「アナログマ」ではないでしょうか?

テーマ:広報という仕事 - ジャンル:ビジネス



| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2017 広報の視点, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。