ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


CCC.jpg

訪問いただきありがとうございます。
ただいま新プラットフォームの試験運用中につき、こちらのブログの更新をいったん休止しています。

新サイトへはこちらからどうぞ。


スポンサーサイト

テーマ:広報という仕事 - ジャンル:ビジネス


41E4WCtnjlL__SS400_.jpg

昨日「YouTube時代の大統領選挙」出版記念イベントにご招待いただき、さらに本までいただきました。

この表紙のデザイン、青の部分のみ読むと、「You 時代の 選挙」となり、グッとくるメッセージが込められています(イベント中このことの説明が東急エージェンシーさんからありましたが、筆者は一応その前に気がついて、数年前のTimeのperson of the yearだな、とニヤニヤしていました)。

まだほとんど読めていないのですが、昨日のイベントが、この本の中身のクイックツアーのような意味合いも兼ねていると思うので、イベント中のメモを中心に文書化してご紹介(順序は進行と異なります)。

・バラク・フセイン・オバマは、考えられないようなファクターのコンビネーションの持ち主でプロダクトが良すぎだが、そのEngagementを生む行動やブランディングはマーケターとして参考になる所が多い。

・ヒラリーは自分の政策を愛しているとコミュニケーションしていたが、オバマは人々を愛している、と語った。このことは人種をはじめとする様々な環境別に23ものチャネルに分けて展開している"PEOPLE"にも現れている。

・オバマは、130万の登録されたメールアドレスに対して直接的な対話を行っている。支援者に向けてパワーポイントを送信し、ビデオで公式な戦略説明。また支援者との昼食会では「皆さんの口コミが重要」と伝えたりしている。

・逆境になると強くなるのがオバマ。いわゆるライト牧師発言で炎上状態になりそうになったときなど、問題に対して正面から対話を行う姿勢が米国では支持された。

・「政治献金」もまたEngagementを生む。献金は投資であり良いROIを得るため人々は強力にEngageする。実際にペイリンのオバマ批判の演説後、オバマには1日で8億円を超える献金があった。

・オバマは私たちが夢だと思っていたことを実現してしまった。米国民はそれに出逢ってしまった。

・就任演説の前に支援者に直接送られたメール。 I want to be very clear about one thing...All of this happened because of you.

・Twitterの隆盛に見られるソーシャルメディアの発達により、もはやマジョリティはサイレントではなくなったし、マジョリティと呼ばれること自体好まない。今やマジョリティは、行動しない人→見物→参加→収集→批評→クリエイティブのいろいろな顔を持っている。

・有名なYoutube動画"Yes We Can"や"Vote Different"は、オバマと言うブランドにinspireされて作られたもの。プラットフォームから考えるのではなく、コンシューマを"inspire"し、参加を促すコンテンツを生み出す発想がマーケターにとって重要。

・・・こうした出来事700日間を克明につづった著者の大柴ひさみさんは、とてもさっぱりした清々しい方でした。

テーマ:広報という仕事 - ジャンル:ビジネス


life stream


「オンとオフがシームレスに繋がり始めた」

今日読んでいたTwitterで何が起きているのか?というはてぶのブックマークニュースの印象的なフレーズ。

それがゆえに、情報のリークやオンラインコミュニケーションのリテラシーをケアする必要性も高まっているのですが(ご参考:Twitter上でのリーク対応)、情報発信/共有の形態がTwitterの登場によって大きく変わり始めたのも事実。

PR系ブロガーの先駆者的存在である、独立系PR会社最大手エデルマンのSVPのSteve Ruvel氏がつい最近これまで5年間続けたBlogというプラットフォームを離れることになったそうです。

新しく選んだのはposterousというメールを通じて投稿するサービス。

同氏は、Twitter登場時、呟き系の内容やちょっとした情報のシェアはTwitterで、エッセイ的な読み物やリンク集はブログにと、コンテンツの内容に応じてかき分けていたのですが、posterousによって情報のフローを一貫して管理できるようになったようです(上図)。(注:Twitterは継続して呟き中心に利用)
ポイントを非常に簡単にまとめてしまうと、

"Capture":情報収集をFriendFeedやGoogle Readerで行い、テキストや写真などのコンテンツはiphoneなどで作成

"Process":Gmailなどを通じてコンテンツを投稿

"Share and Connect":Posterousに投稿されたコンテンツがTwitterなどでシェアされる

オンとオフをシームレスに、情報のインとアウトを行う人にとっては、このスタイルは非常によさそうな感じです。

ブログ引っ越し後に寄せられた質問などをベースに作られたFAQがまた興味深い内容です。

Q) Do you think blogging is dead?
No, I don't. However, the blog format needs a reboot.

For one, people don't have time to read as much as they used to. There's too much competing for our attention. This means you need to be creative to stand out. (This post is already longer and less visual than I would like it to be.)

Second, blogs must connect to social network hubs. Posterous lets me do so in a number of ways through auto-posting, but also by letting you send your comments into Facebook, Twitter, Backtype and Friendfeed.

筆者も研究したいと思います、単にワンストップで済ませたいだけですが。。。

テーマ:広報という仕事 - ジャンル:ビジネス


Shaq_20090626091011.jpg

社員が自分の勤める会社の新しい方針の決定、特にM&Aなどのニュースを初めて知るのが、社内発表ではなく、新聞などのメディア掲載を通じて、ということはままあること。

アメリカ・プロバスケット・リーグのスーパースター、シャキール・オニール選手がフェニックス・サンズからクリーブランド・カバリアーズにトレードされたというビッグ・ニュースを知ったのはTwitterだったそうです。

Twitterの影響力の大きさを物語っているケースであると同時に、これだけTwitterが普及してくると、このような事故が発生してもおかしくないところ。

確かに「Twitterポリシー」はあってもいいのかもしれませんね。

ただこのニュース、TechCrunchからの引用ですが、原文のコメント欄を見ると、いろいろと詳細が、、、

Shaq2.jpg

契約が最終合意に達したと思われるや(オフィシャルになる前に)チームが担当記者にリークした模様。

Shaq4.jpg

シャキール・オニール選手は交渉の行方は知っていたが、エージェントからオフィシャルに聞くまでは話すべきでなないので、このようにふるまったのだろう、、、

うーん、どうやらシャキール・オニール選手はうまくTwitter上のコミュニケーションを処理した、と言えるのかもしれないですね。

こういったリークへの対応も「Twitterポリシー」には盛り込まないとですね。

ちなみに、こんなコメントも。
Shaq3.jpg
ESPNでは、選手のTweetを番組内で結構取り上げているらしいです。
Twitterを利用したセレブ追っかけ番組が企画される程ですし、なるほど、という感じです。

それにしても最近Twitterのことばかり書いているなぁ、、、

テーマ:広報という仕事 - ジャンル:ビジネス


asahi_paper.jpg

新聞メディアは、ネットにおされて発行部数が下がり、広告収入が下がり、もうダメだ的な論調の多い今日この頃、電子化(ご参考:新聞メディア4通りの進化論)とは異なる方法も模索しているようです。

お借りしてきた写真は、6月23日の朝日新聞夕刊(左、東京本社4版)と読売新聞夕刊(右、東京本社4版)。朝日の方が「白い」のが一目瞭然で、ビールもおいしそうに見えます。

これは、FMプレミアム紙と呼ばれる特別な用紙を使った広告で、この日の夕刊には、一番「外側」の紙、つまり1~2面、最終面の20面(テレビ欄)と19面(第1社会面)にFMプレミアム紙が使われていたとのこと。

朝日新聞によると、「掲載料金などはお答えできません」としつつも、「新聞業界では朝日新聞社が初めて導入し、鮮やかな色彩、リアルな表現力を持つ紙面が実現しました」 とのことです。

もちろんこれが、広告収入減少に対する決定打になるとは思いませんが、「新聞=再生紙によるグレーな紙」という既成概念を変える、新しい発想で広告媒体としての魅力をアピールする努力は、改善の方向としてとてもいいな、と思います。

ちなみに、08年の新聞広告費(電通調べ)は8276億円で、前年比で12.5%の減。「マスコミ4媒体(新聞、テレビ、ラジオ、雑誌)広告費」の下げ幅が同7.6%なので、中でも新聞広告は苦しい状況にあるこようです。

本日のニュースは、J-CASTニュースでどうぞ。

テーマ:広報という仕事 - ジャンル:ビジネス



| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2017 広報の視点, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。